ホーム
東北ガイド 伝統文化 オプショナルツアー 東北ホテル お土産 コメント 会社案内
 
ホットライン more
リラックスの旅
建築めぐり
文化に触れる旅
歴史を知る旅1
歴史を知る旅2
ハルビン郊外一日観光(別途料金..
ナイトツアーとグルメ(料金は要..
鉄道の歴史を知る旅(1日)
哈爾濱⇔ジャムス高鉄 201..
ハルピン歴史建築リスト
ハルピン歴史建築
黒龍江省  
 


齐齐哈尔龍沙公園


日期:2011/8/15  浏览:961次

黒龍江省最大の公園として知られる龍沙公園は、1904年に誕生した、5つの観光区から構成される複合公園。面積は640k㎡で、『労働湖』という名の湖がその3分の1を占めている。
ここで、名の由来について触れておきたい。まず、公園名だが、『龍沙』とは、「万里の長城から北に離れた場所」を意味する。そして、『労働湖』は、毎週日曜日に市民が穴掘りをして、何の変哲もない小さな池を、今日見られる大きな湖に変えたことから来ている。掘られた土は築山になり、今も見ることができる。
観光区の中では、文化遊覧区にある『望江楼』と『寿公祠』が最も異彩を放っている。前者は1907年に建てられた、伝統様式の楼閣。後者は、民族の英雄として尊ばれた将軍・寿山を祀るために1926年に生まれた祠で、園内で最上の庭園と言われている。
また、見逃せないイベントもある。毎年1・2月に開催される、『龍沙氷景遊覧会』である。ハルピンの『氷灯祭』に次ぐ規模を誇り、色とりどりの氷の芸術がずらりと並ぶため、国内外からたくさんの観光客が訪れる。

 
すべての著作権:黒龍江省新世紀国際旅行社有限公司