ホーム
東北ガイド 伝統文化 オプショナルツアー 東北ホテル お土産 コメント 会社案内
 
ホットライン more
リラックスの旅
建築めぐり
文化に触れる旅
歴史を知る旅1
歴史を知る旅2
ハルビン郊外一日観光(別途料金..
ナイトツアーとグルメ(料金は要..
鉄道の歴史を知る旅(1日)
哈爾濱⇔ジャムス高鉄 201..
ハルピン歴史建築リスト
ハルピン歴史建築
黒龍江省  
 


ハルビン兆鱗公園


日期:2011/8/15  浏览:928次

道里区にある、松花江沿いに設けられた公園。元々は区名から『道里公園』と名付けられていた。面積は65k㎡で、1900年に開園した、ハルピンで最も古い公園である。
同年、抗日運動の英雄・李兆麟の亡骸がここに埋葬され、告別式と慰霊祭が厳かに行われた。これを記念して、1946年、現在の名に改められたのである。
春や夏には色とりどりの花や木が茂り、人々の憩いの場所として親しまれている。冬は白銀に覆われて、凍った松花江は天然のスケートリンクになり、ある者は氷上結婚式を催し、またある者は、果敢にも氷を割って寒中水泳に挑む。
しかし、最大の見物は何と言っても、ハルピン名物・氷灯節(色とりどりの照明でライトアップされた氷の彫刻の祭典)の開催地になっていることだろう。このイベントは、毎年1月5日から2月末まで開催される。見渡す限りの雪景色の中で、宝石を散りばめたような彫刻が立ち並ぶその様は、まるで桃源郷のよう。だが、翌年になると、眼前に広がるのは、全く別の光景。それで、人々はこれを、『一度しか読めないおとぎ話』と呼び、その年だけの幻想世界を楽しむのだ。

 
すべての著作権:黒龍江省新世紀国際旅行社有限公司