ホーム
東北ガイド 伝統文化 オプショナルツアー 東北ホテル お土産 コメント 会社案内
 
ホットライン more
リラックスの旅
建築めぐり
文化に触れる旅
歴史を知る旅1
歴史を知る旅2
ハルビン郊外一日観光(別途料金..
ナイトツアーとグルメ(料金は要..
鉄道の歴史を知る旅(1日)
哈爾濱⇔ジャムス高鉄 201..
ハルピン歴史建築リスト
ハルピン歴史建築
黒龍江省  
 


ハルビン文廟


日期:2011/8/15  浏览:1156次

文廟
1926年に建てられた、東北地方最大の文廟(孔子廟)である。南崗区東大直街に23k㎡の広さを持つ。
構造は典型的な清代様式で、南北向きの三進建築。前院は主要な建物。庭には松が茂り、朱色の壁が周りを取り囲んでいる。中院は文廟の本堂。幅は本家・曲阜の文廟の9間を上回る、11間。内部は四大金剛(仏の守護神。四天王のこと)が守護を務め、十二賢人の位牌が安置されている。両端の殿には弟子の位牌がある。後院では孔子の祖先が祀られている。そのほか、廟内の南東には、張学良が記した碑文・『ハルピン文廟碑記』が備わっている。
1985年、民族博物館がここに開館し、主要な建造物が修復され、一般公開されている。

 
すべての著作権:黒龍江省新世紀国際旅行社有限公司